新しい音楽との出合い

Last.fm は、あなたの再生する音楽に基づいたカスタムおすすめ情報をお届けする音楽発見サービスです。

Last.fm マイ プロフィールをスタート ウィンドウを閉じる

Tears for Fears

写真

  • 15,259,457
    Scrobble
  • 1,188,398
    リスナー

タグ

みんなのタグ

もっとタグ

バイオ

ティアーズ・フォー・フィアーズ(Tears for Fears)はイギリスの2人組バンド。1980年代に数々のヒット曲を放った。

初期はシンセサイザーを多用しながらアコースティックな印象すら与えるたおやかな音使いをしており、当時流行したエレポップと呼ばれる音楽性の範疇にありながら、歌詞の繊細さとよくマッチしたサウンド・メイクが特徴となっている。やがてローランド・オーザバルのギターサウンドを核に、王道とも呼べる良質なブリティッシュ・ロックを聞かせるバンド・サウンドへと変化していく。

心理学者アーサー・ヤノフの著書「原初からの叫び(Primal Scream)」に登場する章題からそのまま取られている。直訳すれば「恐れのための涙」。ヤノフの提唱した心理療法である原初療法(ジョン・レノンらも受けたと伝えられる)は「恐怖や心の痛み(Pain)を心にしまわないで、子供のように声に出して叫べ、泣け」というもの。ティアーズ・フォー・フィアーズの初期の歌詞に「Shout」「Pain」という言葉が頻出するのはそこから来ている。

両親の離婚に伴いポーツマス (イングランド)からバース (イギリス)へ移り住んだローランド・オーザバル(Roland Orzabal)は、同じく離婚家庭に育ったカート・スミス(Curt Smith)と13歳のときに出会い、一緒に音楽活動をするようになる。この両親の離婚、残された子供たちの心の痛みと悲嘆というテーマは、ティアーズ・フォー・フィアーズ初期の活動に重要な影響を及ぼしていく。

ティアーズ・フォー・フィアーズ始動以前に彼らが結成したバンドにはグラデュエイト(Graduate)、ネオン(Neon)、ヒストリー・オブ・ヘッドエイクス(History of Headaches)等がある。グラデュエイトはモッズ・スタイルのスカ・バンドであり、スペインでスマッシュ・ヒットを出し、アルバム『Acting My Age』に伴うツアーを同国などで行った。ネオンには後にネイキッド・アイズ、クライミー・フィッシャーを結成しヒットを飛ばすロブ・フィッシャーが在籍していた。各バンドで、ローランドはギターとボーカル、カートはベースとボーカルを担当した。

グラデュエイト解散後、ローランドとカートは音楽上のパートナーを探していたキーボード奏者のイアン・スタンリーと出会う。イアンの所有するスタジオで3人はデモテープ作成に励み、バンド名もティアーズ・フォー・フィアーズ(以下、TFF)と新しく名づけた。間もなくしてフォノグラムと契約し、1981年10月、デビュー・シングル「悩める子供たち」をリリース。ヒットこそしなかったものの良好なオン・エア率を記録。その後3枚目のシングル「狂気の世界」が大ヒット、快進撃は「チェンジ」、「ペイル・シェルター」と続き、これらの楽曲を収録した1stアルバム『ザ・ハーティング(LP発売時の邦題は「チェンジ」)』は全英で1位を記録する。

しかし次のシングル「ザ・ウェイ・ユー・アー」がヒットせず、息切れを見せた彼らは休養し、新たなアイデア作りの時間をとるため、音楽シーンから一旦姿を消す。

動画

ベストアルバム

再生トレンド

1,188,398リスナー合計
15,259,457Scrobble 合計
#394 先週のチャート
最近のリスナートレンド:

Scrobble をスタートして再生履歴を追跡

Last.fm ユーザーは iTunes、Spotify、Rdio その他 200 以上の音楽プレイヤーで音楽を Scrobble

Last.fm プロフィールを作成

一言ボックス

コメントを残す Last.fm にログインするか今すぐ登録

再生中

ベスト・リスナー

メールマガジン

Universal Music Group Tears for Fears で Universal Music の特別ツアー情報、リリース&プロモーション最新情報をゲット。