新しい音楽との出合い

Last.fm は、あなたの再生する音楽に基づいたカスタムおすすめ情報をお届けする音楽発見サービスです。

Last.fm マイ プロフィールをスタート ウィンドウを閉じる

Sinsen

写真

Sinsen_Layman

再生/購入/シェア

購入

  • 11,441
    Scrobble
  • 897
    リスナー

タグ

みんなのタグ

もっとタグ

バイオ

シンセン(Sinsen、本名:高橋信泉 1977年2月26日)
日本、茨城県十王町(現 日立市)出身。身長は183cm。
海と森、東京と共に過ごすメンタリティを科学と楽器、音楽フォーマットで表すアーティスト。
DJとして活動する歌手。ギター、ピアノもプレイする。
楽曲の作詞はすべて彼。作曲も主に彼のギター、ピアノのアイデアから行われ、メンバーの肉付けにより編集されて行く。
その他、環境や曲により使用する楽器がドラムマシン、シンセサイザー、タンバリン、パーカッション、PC等、大きく変わるのも特徴の一つである。
楽曲の歌詞には政治、社会問題に関して書かれたものが存在する。
しかしそれは直接的な表現ではなく普遍的に書かれたものが多い。
第三世界、資本主義社会における未来を軽視したコーマーシャリズム、流行、グローバリズムに嫌悪感を強く抱いており、それによって起こる幻想の幸福感、利便の孤独感の問題を提起している。

幼少時、教育者の父のテクニクスステレオレコードプレーヤーと付属のマイク、リバーブ、兄のオービルSGギターに魅せられテープ録音を始め中学でバンド「WetSun」を結成。GtrVo。
生まれて初めての曲は「salt」で、海水のしょっぱさを書いた曲。
高校卒業後バブルの反発によるロストジェネレーションチルドレンと呼ばれる風当たりを嫌いサンフランシスコへ移住。観光客相手の弾き語りで生計を立てる。そこで出会った旅人DJラモンからダンスカルチャーの洗礼を受け彼のDJとしてのキャリアがスタート。
食生活の関係で帰国。その後渋谷の老舗club asia/Vuenosのエンジニア兼DJとしてプロ活動をする中、1997年、東京の音楽性を吸収し網羅したムーブメント「SL9」をオーガナイズ。
アンダーグラウンドシーンを引率するアーティストが集結、ドープなオーディエンスが集中した時のエキスペリメンタルなサウンドスケープを紡ぎだすDJプレイは、ジャンルをミックスしたダンスミュージック(shapeless)をプレイするといわれる。
このムーブメントには現在活躍するDJ達のほとんどが客として参加していた。
2000年にMusicMineより発売されたコンピレーションアルバム「IsolatedAudioPlayers 2」で楽曲デビュー。くるり、DMBQ、レイハラカミらが参加する中堂々たる作品を発表。以降、発表する作品は友人の赤子の為に作られたシンセサイザーでのノンビート、ハード、ソフト機材を多用したインストゥルメントと多様でそれぞれに評価を獲得するが、彼はジャンルに変換される事やドラッグカルチャーのなれ合いを嫌い、どのコミュニティーでも長く続かない。
忌野清志郎、井上陽水との同時期での対話を機に影響を受けDJとしてさらに自由なスタイルを模索。
2006年以降アコースティックギターの使用頻度が高くレコードのプレイを減らした為、彼はDJではないとの声が強まるが「DJとはそもそも自由度だ。」と後の音楽雑誌インタビューで語っている。
鍵盤においては2007年よりすべてが独学であるため基本的に弾き語り以上はしない。
Macを使った作業、エフェクター処理もするが「熊地や井上のほうが得意」と話す。
目立ちこそしないが、多くのギターボーカルがプレイする単調なストロークだけのプレイだけではなく、歌のメロディラインとは違ったリズムを演奏することからそのプレイは高い水準にあることがわかる。

ベストアルバム

再生トレンド

897リスナー合計
11,441Scrobble 合計
最近のリスナートレンド:

Scrobble をスタートして再生履歴を追跡

Last.fm ユーザーは iTunes、Spotify、Rdio その他 200 以上の音楽プレイヤーで音楽を Scrobble

Last.fm プロフィールを作成

一言ボックス

コメントを残す Last.fm にログインするか今すぐ登録

ベスト・リスナー