新しい音楽との出合い

Last.fm は、あなたの再生する音楽に基づいたカスタムおすすめ情報をお届けする音楽発見サービスです。

Last.fm マイ プロフィールをスタート ウィンドウを閉じる

Satyricon

ツアー中

写真

Satyricon
  • 11,004,614
    Scrobble
  • 241,491
    リスナー

タグ

みんなのタグ

もっとタグ

バイオ

ブラック・メタルというジャンルがまだ知られていなかった1990年代前半のノルウェーで突如その姿を現し、アンダーグラウンド・シーンからの絶大なる支持を得ながら今やヨーロッパを代表する「ブラック・メタルの重鎮」としてシーンに君臨するバンド、サテリコン。バンド結成当初はSatyr (vo/g/key), Lemarchand (g), Wargod (b), Exhurtum (dr)という4人編成だったのだが、活動当初にSatyrを除く3人がバンドを去り、92年にFrostがドラマーとしてバンドに加入、その後サテリコンは数々のメンバー/ゲストを迎え入れながらも、SatyrとFrostという二人によるバンドとして活動を続けていく。

1992年: ファースト・デモ『SATYRICON』発表、アンダーグラウンド・シーンを中心に絶大な支持を得始める。

1993 年: セカンド・デモ『THE FOREST IS MY THRONE』発表、1,500枚をすぐに売り切り、この年の後半、バンドはTATRA内に自らのレーベルMoonfogを立ち上げ、ファースト・アルバム『DARK MEDIEVAL TIMES』を発表、ブラック・メタル・サウンドとアコースティックな旋律を同居させたスタイルで、一気にその名をノルウェーからヨーロッパへと広げていく。
1994年: ファースト・アルバムのスタイルにさらに「ヴァイキング・スタイル」なメタル・サウンドを取り入れたセカンド・アルバム『THE SHADOWTHRONE』を発表。
1995 年: その類稀なるプレイヤビリティと圧倒的なサウンド・スタイルで一気にその人気を加速させていったバンドに、既に製造中止となっていたデビュー前のデモを熱望する声が上がり、ENSLAVEDとのスプリットCDという形態で『THE FOREST IS MY THRONE』を再リリース。
1996年: 一大出世作とも言えるサード・アルバム『NEMESIS DIVINA』発表。それまでのスタイルを踏襲しつつも、プロダクションの面で凄まじい進歩を見せたこの作品は、テクニカル・アグレッシヴ・ブラック・メタルとも呼ばれるようになる。
1997年: ミニ・アルバム『MEGIDDO』発表。新曲と共に過去の楽曲のリミックスも収録、インダストリアル・ダンス的サウンドに生まれ変わった楽曲も収録されている。この作品発表後、ツアーを実施。
1999 年: まずミニ・アルバム『INTERMEZZO II』を発表、実験的にアンビエント色を取り入れた作品を作り上げ、ツアーに出たすぐ後、4枚目となるフル・アルバム『REBEL EXTRAVAGANZA』を発表。アグレッシヴなブラック・メタル・サウンドはそのままに、様々な要素を貪欲に取り入れた今作で、「ブラック・メタルの持つ可能性を一気に押し広げた」と評される。
2000年: 4作目をプロモートすべく大々的なツアーを実施。この時期PANTERAのツアーにも同行し、よりワールドワイドにその名を広めていく。
2001年: 自身のレーベル、MoonfogをCAPITOL RECORDSに移し、新作のレコーディングを開始。
2002 年: まずバンドの10周年を記念し、『TEN HORNS - TEN DIADEMS』を発表し、その後5作目となるアルバム『VOLCANO』を発表。既に大物アーティストの仲間入りを果たしていたバンドは、今作をノルウェー・アルバム・チャート初登場2位に送り込み、より注目を集めるようになる。発表後はツアー。

動画

ベストアルバム

イベント

イベントを追加

再生トレンド

241,491リスナー合計
11,004,614Scrobble 合計
最近のリスナートレンド:

Scrobble をスタートして再生履歴を追跡

Last.fm ユーザーは iTunes、Spotify、Rdio その他 200 以上の音楽プレイヤーで音楽を Scrobble

Last.fm プロフィールを作成

一言ボックス

コメントを残す Last.fm にログインするか今すぐ登録