新しい音楽との出合い

Last.fm は、あなたの再生する音楽に基づいたカスタムおすすめ情報をお届けする音楽発見サービスです。

Last.fm マイ プロフィールをスタート ウィンドウを閉じる

Paul Weller

ツアー中

写真

weller_peacock_suit
  • 7,343,956
    Scrobble
  • 453,078
    リスナー

タグ

みんなのタグ

もっとタグ

バイオ

ポール・ウェラー(Paul Weller、本名John William Weller、1958年5月25日-)はイギリスのミュージシャン。

ザ・ジャム、スタイル・カウンシルのヘッドマンを経て現在はソロとして活動中。愛用ギターはエピフォン・カジノ(2PUタイプ)、ギブソン・SG、フェンダー・テレキャスター、ギブソン・J-45。

60年代初頭のムーブメント「モッズ」に大きな影響を受けており、その精神:流行に左右されず自分にとってクールなものを追求する姿勢が彼のバックボーンとなっている。その一貫した姿は世代を超えて多くのアーティストに影響を与え、「モッド・ファーザー」と呼ばれるなど多大な尊敬を集めている。

少年時代はビートルズマニアで、スクラップ帳を何冊も作るほどの熱中ぶりであったという。

1977年にザ・ジャムのボーカリスト、ギタリストとしてデビュー。当時流行のパンク/ニュー・ウェイヴの人気バンドとなった。

ザ・ジャムはポール・ウェラーの生まれたロンドン郊外サリー、ウォキングでビートルズなどのカバーをしていたパーティ・バンドであった。結成当時はポール・ウェラーがベース、ブルース・フォックストンとスティーブ・ブルックスがギター、リック・バクラーがドラムスというフォーピースであったが、スティーブの脱退と共にポールがギターを、ブルースがベースを担当するようになる。

セックス・ピストルズのライブにインスパイアされ、バンドは徐々にモータウンなどのR&Bを高速で演奏するスタイルに変化。やがてオリジナル中心となり、1977年4月29日にファースト・シングル「イン・ザ・シティ」をリリースすると、いきなりナショナルチャート入りを果たす。パンクを基調にしたサウンドながら当時のパンクスとは違い全員がおしゃれなスーツを纏って演奏するクールなスタイルと、ウェラーのキンクス、スモール・フェイセス、ザ・フーといったモッズアーティストに追随する姿が受け、「モッズ・リバイバル」と呼ばれるブームを巻き起こす。ジャムは順調にヒットを飛ばして成長を遂げ、1980年3月には10枚目のシングル「ゴーイング・アンダーグラウンド」が全英1位に輝き、全英ナンバーワンバンドと言われるほど絶大な人気を集めた。

ウェラーの音楽志向はその後さらにR&Bやファンクをはじめとする黒人音楽に傾倒した展開を見せ、大胆なホーンセクションの導入などにそれが顕著となって表れる。モータウンへのリスペクトをダイレクトにあしらったシングル “Town Called Malice” が全英1位を獲得するなどバンドは国民的な人気を維持するが、ウェラーはこの頃から自らの音楽性の変化がもはやジャムでは表現し切れなくなってきたことに限界を感じ始める。結局1982年3月リリースの6thアルバム『ザ・ギフト (The Gift)』を最後にウェラーは電撃的にバンドの解散を決意。6年の活動期間を経て、ジャムはその絶頂のうちに幕を下ろすこととなった。最期のギグは1982年12月11日にモッズの聖地であるブライトンで行われた。

より「黒さ」を追求するウェラーはネオ・モッズ・バンド「マートン・パーカス」のオルガンプレイヤーであったミック・タルボットとともにポップス/ソウルユニット、ザ・スタイル・カウンシルを結成。1983年5月に1stシングル “Speak Like A Child” を発表し、ソウルやR&Bの影響が濃いブラック・コンテンポラリー的なサウンドへのシフトを見せた。硬派なイメージだったジャム時代のファンの期待は裏切ることになったが、今度はよりポップで洒落たイメージで人気を得る。しかしそのイメージとは反対に歌詞は当時のサッチャー体制に対して過激なものを多分に含み、政治批判をより明確に打ち出していった。非常に実験的・前衛的な楽曲が多く、ニュー・ウェイヴのグループとして認識されることも多い。

動画

ベストアルバム

イベント

イベントを追加

再生トレンド

453,078リスナー合計
7,343,956Scrobble 合計
最近のリスナートレンド:

Scrobble をスタートして再生履歴を追跡

Last.fm ユーザーは iTunes、Spotify、Rdio その他 200 以上の音楽プレイヤーで音楽を Scrobble

Last.fm プロフィールを作成

一言ボックス

コメントを残す Last.fm にログインするか今すぐ登録

再生中

ベスト・リスナー