新しい音楽との出合い

Last.fm は、あなたの再生する音楽に基づいたカスタムおすすめ情報をお届けする音楽発見サービスです。

Last.fm マイ プロフィールをスタート ウィンドウを閉じる

Ludwig van Beethoven

タグ

みんなのタグ

もっとタグ

バイオ

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(Ludwig van Beethoven、1770年12月16日ごろ(洗礼を受けたのが12月17日であることしかわかっていない) - 1827年3月26日)は、ドイツの作曲家。ボン生まれ。

ベートーヴェンは、作曲家としてデビューしたての初期の頃は耳疾に悩まされることもなく古典派様式に忠実な明るく活気に満ちた作品を書いていたが、ハイドン、モーツァルトの強い影響下にあることは否めない。

ベートーヴェンの音楽は、古典派からロマン派への橋渡しを行ったと古くから言われている。それでもベートーヴェン自身はウィーン古典派に属する最後の巨匠と見るのが普通である。それは1802年と1818年頃の2度の危機に、当時E.T.A.ホフマンなど台頭しつつあったロマン派には興味を示さず、むしろハイドンとモーツァルトが完成したソナタ形式などの音楽形式や調性、そしてバッハの遺した対位法に集中し、それを活用する道を選んだからである。

1802年の1度目の危機とは遺書を書いた精神的な危機である。ベートーヴェンはこの危機を、ウィーン古典派の形式を再発見する事により脱出した。つまりウィーン古典派の2人の先達よりも、徹底して形式的・法則的なものを追求した。この後は中期と呼ばれ、コーダの拡張など古典派形式の拡大に成功した。結局の所交響曲第3番「エロイカ」やピアノ協奏曲第5番のような巨大な作品においても、交響曲第5番やピアノソナタ第23番のような圧縮された作品においても、和声の法則と堅固な形式は、ベートーヴェンにとって侵す事のできないものであり、これの活用によってめざましい成果を得たといえる。

中期の交響曲はスケルツォの導入(第2番以降)、従来のソナタ形式を飛躍的に拡大(第3番)、旋律のもととなる動機やリズムの徹底操作(第5、7番)、標題的要素(第6番)など、革新的な技法を編み出している。その作品は、古典派の様式美とロマン主義とをきわめて高い次元で両立させており、音楽の理想的存在として、以後の作曲家に影響を与えた。第5交響曲に典型的に示されている「暗→明」、「苦悩を突き抜け歓喜へ至る」という図式は劇性構成の規範となり、後のロマン派の多くの作品がこれに追随した。

1818年の2度目の危機の時にはベートーヴェンはスランプに陥っていたが、ホモフォニー全盛であった当時においてバッハの遺産、対位法つまりポリフォニーを研究した。対位法は中期においても部分的には用いられたが、大々的に取り入れる事に成功し危機を乗り越えた。変奏曲やフーガはここに究められた。これにより交響曲第9番、荘厳ミサ曲や晩年の弦楽四重奏曲、ピアノソナタ、ディアベリ変奏曲などの音楽の後期の代表作が作られた。

動画

ベストアルバム

イベント

イベントを追加

再生トレンド

1,618,276リスナー合計
26,049,663Scrobble 合計
最近のリスナートレンド:

Scrobble をスタートして再生履歴を追跡

Last.fm ユーザーは iTunes、Spotify、Rdio その他 200 以上の音楽プレイヤーで音楽を Scrobble

Last.fm プロフィールを作成

一言ボックス

コメントを残す Last.fm にログインするか今すぐ登録

再生中

ベスト・リスナー

メールマガジン

Universal Music Group Ludwig van Beethoven で Universal Music の特別ツアー情報、リリース&プロモーション最新情報をゲット。