新しい音楽との出合い

Last.fm は、あなたの再生する音楽に基づいたカスタムおすすめ情報をお届けする音楽発見サービスです。

Last.fm マイ プロフィールをスタート ウィンドウを閉じる

Lou Reed

写真

lou2
  • 22,065,161
    Scrobble
  • 1,304,648
    リスナー

タグ

みんなのタグ

もっとタグ

バイオ

ルー・リード(Lou Reed, 1942年3月2日 - 2013年10月27日)は、アメリカのミュージシャン。ニューヨーク州ブルックリン出身のユダヤ系アメリカ人である。シラキューズ大学卒業。在学中にデルモア・シュワルツ(Delmore Schwarz)に師事して詩作を学ぶ。本名ルイス・アレン・リード (Lewis Allen Reed) 。父の代にラビノヴィッツ (Rabinowitz) から改姓。その極めて前衛的な音楽性と人間の暗部を深く鋭く見つめる独特の詩世界は後のロック界、特にパンク・ロック、オルタナティブ・ロックに大きな影響を与えた。ボブ・ディランなどと並び、ロックの芸術性の向上に多大なる影響を与えた音楽家の一人である。

1965年に結成された伝説のロックバンド、ヴェルヴェット・アンダーグラウンド(The Velvet Underground)のヴォーカル・ギタリストとして名を馳せた。同バンドでは、数多くの作詞・作曲も手がけている。バンドは1972年まで続いたが、リードは1970年にバンドを離れ、以後ソロ活動を開始した。ヴェルヴェット・アンダーグラウンドでの活動はわずか4年ほどであったが、バンド結成とリード在籍時の活動とは、ロックの歴史において、オルタナティブ・ロックを産み出した「ビッグ・バン」と位置付けられている。

リードのソロ・キャリアは多彩なものである。1972年に「ワイルド・サイドを歩け(Walk on the Wild Side)」がヒットした(のちにアメリカでホンダのスクーターのCMソングに起用される)が、1973年にはコンセプト・アルバム『ベルリン(Berlin)』を含め、コマーシャリズムに陥ることを嫌った。その極致として、1975年にはアルバムの収録時間すべてにフィードバック・ギターのノイズが展開される問題作『無限大の幻覚(Metal Machine Music)』を発表し、物議を醸した。その後も三十年以上にわたってこれを代表格とする「問題作」、つまりリードのコアなファンですら不快に思うアルバムをリリースすることも厭わず、多彩な音楽性を往還しながら我が道を歩み続けている。そうした偏屈とも言えるこだわりを持つ彼の信奉者はいまだに多く、現在もなおファンや音楽評論家、他のミュージシャンから広く賞賛を浴びている。2003年にはエドガー・アラン・ポー、殊に「大鴉」を題材にした『ザ・レイヴン(The Raven)』をリリースして新境地を開いた。

リードはその生活の大半をニューヨークで過ごしており、その作品はニューヨークを想起させる物が多い。

1996年にロックの殿堂入りを果たした。また彼は1995年、フランク・ザッパが同じく殿堂入りした時に、マザーズ・オブ・インヴェンションと自らのヴェルヴェット・アンダーグラウンドを対比させて、ザッパの音楽的功績を称えるスピーチをしている。(ザッパ本人は’93年12月4日に前立腺がんで他界している)

2008年4月12日、長年パートナーとして生活をともにしてきたヴァイオリニスト、ローリー・アンダーソンと正式に結婚したことが明らかとなった。挙式はコロラド州でごくプライベートな形で行われたという。

動画

ベストアルバム

再生トレンド

1,304,648リスナー合計
22,065,161Scrobble 合計
#401 先週のチャート
最近のリスナートレンド:

Scrobble をスタートして再生履歴を追跡

Last.fm ユーザーは iTunes、Spotify、Rdio その他 200 以上の音楽プレイヤーで音楽を Scrobble

Last.fm プロフィールを作成

一言ボックス

コメントを残す Last.fm にログインするか今すぐ登録

再生中

ベスト・リスナー