新しい音楽との出合い

Last.fm は、あなたの再生する音楽に基づいたカスタムおすすめ情報をお届けする音楽発見サービスです。

Last.fm マイ プロフィールをスタート ウィンドウを閉じる

Kumisolo

写真

kumipic3

再生/購入/シェア

購入

  • 61,686
    Scrobble
  • 6,013
    リスナー

タグ

みんなのタグ

もっとタグ

バイオ

kumisolo by Momus

僕のパソコンのどこかに鎌倉で若き日のkumiがトランペットを演奏する写真が残っていると思う。このサーファーとミステリアスな丘と寺院の多い土地に、僕はその日Crazy Curlというバンドを見に行ったのだった。というのもkumiが送ってくれたEPにどことなくエルレーベルや渋谷系の影響が垣間みられる、新鮮なアコースティックでポップな音楽だったので僕は魅了されたのだ。当時の僕の日本人の彼女は苛ついていた様子だった。なぜなら彼女はkumiのミニスカートとロリータ的な態度に危険を感じたのだと思う。

次にkumiに会ったのはヨーロッパはパリだった。全く違った人の取り巻く世界で生活するようになっていた。90年代前半を思い出させるような実験的音楽を生み出すレーベル、アクティブサスペンションとクラッピングミュージック周辺のミュージシャンたちと交遊を深めていた。
もし日本でkumiがエルレーベルやトラットリアレーベルに影響を受け、そういった模倣的音楽を作っていたとするなら、フランスでの出会いや音楽環境によってもっと実験的でガーリーポップでありながら未来志向の音楽を作るようになっていったと言っても過言ではないと思う。kumiは僕の一番仲のいい友達の一人、Florence Manlikの住んでいたチャイナタウンにある古いアパルトマンに引っ越してパン屋さんや色々な服屋さんでバイトをしながら生活をしていた。

kumiの音楽は時代によって変化し続けている。そして実験的な作曲とオーラムのようなコラボレーターを通して一回転し、またピュアなポップサウンドに戻りつつある。彼女はパリでの生活のおかげでもっと勇敢でファッショナブルになりながらも常にかわいらしく魅力的で、そしてとっても危険なままなのだった。

kumisolo by olamm

kumi okamotoはフランスではトリオの甘酸っぱいガールズポップthe konki duet(active suspensionレーベル)のメンバーの一員として、または東京のフランス狂のデュエットCrazy Curl(channel record)のメンバーとして知られている。そして今、彼女のデリケートで壊れやすいソングライティングをお披露目するためにソロ活動への道に飛び込もうとしている。ポップ、ポップ、ポップ、とにかくポップ。

———————————————————————————————————————————————————————
音楽との最初の出会い

母親の影響で三味線を習う。母親は太鼓も弾く音楽好き。幼少の頃からディスコミュージックを聴いて育つ。7歳の時に少し厳しい先生のもとでピアノを習い始める。

音楽との次の出会い

通っていた小学校でパレードのための吹奏楽部に入り、トランペットを担当。文京区、根津神社で毎年行われるつつじ祭りのパレードに参加。中学校では吹奏楽部の部長となり、ストラヴィンスキーの『火の鳥』などを演奏し吹奏楽コンクールにも参加。

ポップとの最初の出会い

トランペットを含め、課外活動が盛んだった高校時代に『ミス上野高校』に選ばれる。軽音部にも入り、カーディガンズのカバーバンドを結成、ボーカルを勤める。

職歴

歯科医師の助手と受付のバイトを始める。と同時に大学時代に出会った友達、大和沙織とフレンチかぶれのバンド、『no future』を結成。チャンネルレコードにリリースを頼み込み、バンド名を変えるという条件付きで契約が決定。elレコードのマイク オールウェイが名付け親となり、バンド名は『Crazy Curl』に変更される。クレイジー カールのマキシシングル、『bonjour journal』が初めてのリリースとなる。

動画

ベストアルバム

再生トレンド

6,013リスナー合計
61,686Scrobble 合計
最近のリスナートレンド:

Scrobble をスタートして再生履歴を追跡

Last.fm ユーザーは iTunes、Spotify、Rdio その他 200 以上の音楽プレイヤーで音楽を Scrobble

Last.fm プロフィールを作成

一言ボックス

コメントを残す Last.fm にログインするか今すぐ登録

ベスト・リスナー