新しい音楽との出合い

Last.fm は、あなたの再生する音楽に基づいたカスタムおすすめ情報をお届けする音楽発見サービスです。

Last.fm マイ プロフィールをスタート ウィンドウを閉じる

King Crimson

写真

Red

再生/購入/シェア

  • 20,709,391
    Scrobble
  • 445,144
    リスナー

タグ

みんなのタグ

もっとタグ

バイオ

キング・クリムゾン (King Crimson) は、
イギリスのプログレッシブ・ロック・バンド。

中心人物のロバート・フリップは
自身の音楽をプログレ扱いされることを嫌っている
(「『プログレッシブ・ロック』という名称は
キング・クリムゾンが活動を始めた時をさす際のみ妥当な呼称であり、
我々はすでにそこからさらに進化している」という考えのため)。

1968年末結成。
ロバート・フリップをリーダーとしてアルバム『クリムゾン・キングの宮殿』で1969年にデビュー。
以降、フリップはバンドのメンバーを次々に替えていった。
日本では俗に「クリムゾン」、あるいは「キン・クリ」と呼ばれることも多いが、
本国ファンにはCrimsoクリムソと呼ばれていた。
現在もなお、日本やイギリスをはじめ、
ドイツイタリアなどの一部ヨーロッパ諸国のプログレッシブ・ロックのファンの間では、
カリスマ性を伴った人気を誇っている。

ファースト・アルバム『クリムゾン・キングの宮殿』は、
当時からよく雑誌のレコード・レビューなどで、

「1969年に、ビートルズの『アビイ・ロード』を1位から転落させたアルバム」
といった内容で紹介されることが多かったが、
英国音楽誌DISC誌1969年11月8日号デヴィッド・シューズ氏の記事
「遂にデビューアルバムがアビーロードをトップから引きずり降ろした。」
を紹介したものと言われる。
そのことについては、
複数の日本の評論家が「デマとまではいえないが、ありえるとしたなら、
地方の、あるいは、マイナーなチャートではないのか」といった見解を共通して述べていた。
NMEでは5位が最高位。
このファースト・アルバム制作当初、
プロデュースしたトニー・クラークは自ら手掛ける
ムーディ・ブルース同様のサウンド作りを要求した為にバンドと決裂し、
スレッショルド・レーベルからのリリースは御破算となり、
バンドがセルフプロデュースしアイランドからのリリースとなった。

プログレ・バンドと呼ばれた多くのバンドがコマーシャルな方向性を打ち出す中、
時代に流されること無く文字通り先進的(=progressive)であり続け、
独自の音楽性を追究し続けてきたバンドの姿勢は、
プログレッシブ・ロックという特殊な音楽ジャンルの中においてさえも孤高の存在と言える。

ディスコグラフィー

1969 クリムゾン・キングの宮殿 In The Court Of The Crimson King
1970 ポセイドンのめざめ In The Wake Of Poseidon
1970 リザード Lizard (イエスのジョン・アンダーソンがゲスト参加)
1971 アイランド Islands
1972 アースバウンド Earthbound (1971年『アイランド』発表時のメンバーによるライヴ録音)
1973 太陽と戦慄 Larks’ Tongues In Aspic
1974 暗黒の世界 Starless And Bible Black (当時のライヴ音源とスタジオ録音の混合)
1974 レッド Red (1曲ライヴ音源)
1975 USA USA (1974年『暗黒の世界』発表時のメンバーによるライヴ録音。一部オーバーダビングあり)
1981 ディシプリン Discipline
1982 ビート Beat
1984 スリー・オブ・ア・パーフェクト・ペア Three Of A Perfect Pair

ベストアルバム

再生トレンド

445,144リスナー合計
20,709,391Scrobble 合計
最近のリスナートレンド:

Scrobble をスタートして再生履歴を追跡

Last.fm ユーザーは iTunes、Spotify、Rdio その他 200 以上の音楽プレイヤーで音楽を Scrobble

Last.fm プロフィールを作成

一言ボックス

コメントを残す Last.fm にログインするか今すぐ登録
  • MisterJunior

    That's right, I use 2.0 for the Discipline era stuff because even though the lineups had changed previously, King Crimson had kept to a schedule of releasing roughly an album per year up until the breakup of the Wetton/Bruford/Fripp lineup, so because of the extended break I use 2.0 to signify the two distinct eras. But it is really more accurate to use 2.0 for the second lineup, 3.0 for the third, etc.

    12月 17日 06:51 返信
  • niQboy

    vv Yeah, Discipline was technically the 4th lineup. Personally I consider the Larks' - Red period King Crimson 2.0 because it was the first complete line-up change with Bruford, Wetton and Cross.

    12月 15日 22:21 返信
  • Sad_florenthine

    If Richard Wagner were alive, he'd work with King Crimson!

    12月 15日 14:15 返信
  • MisterJunior

    Yeah, I call the Discipline -> Three of a Perfect Pair band King Crimson 2.0, although I realize it's inaccurate since the lineup changed a lot even prior to the return in 1981.

    12月 14日 14:51 返信
  • nicolasbj

    what is "King Crimson 2.0"? the band with Belew?

    12月 14日 11:35 返信
  • MisterJunior

    You're not alone in feeling that way, but the later stuff is great in its own way. Also, stuff like THRAK, The ConstruKction of Light and The Power to Believe is more similar to the stuff of the 70s than King Crimson 2.0 is.

    12月 14日 08:49 返信
  • jgganeto

    Starless is one of the most deep dark and sad songs I ever heard... Just lovely!!!

    12月 13日 16:01 返信
  • jgganeto

    awesome prog band.... although I might say all that awesomeness ended (at least for me) with 74's album RED

    12月 13日 15:57 返信
  • alfeizar-

    Just lay down in the dark and listen to Starless without moving a muscle... it's like a fucking trip

    12月 13日 14:03 返信
  • niQboy

    checking it out now, thanks!

    12月 12日 05:02 返信
  • nicolasbj

    http://en.wikipedia.org/wiki/The_ProjeKcts

    12月 11日 07:59 返信
  • nicolasbj

    v sound like the ProjeKcts.

    12月 11日 07:52 返信
  • niQboy

    Does anyone know where this improv is from? King Crimson - Seizure Fripperino goes mental on the guitar

    12月 10日 20:05 返信
  • PlacidBurrito

    How have I only just listened to Red? Brilliance

    12月 8日 04:44 返信
  • niQboy

    Agreed! I think it also demonstrates how diverse songwriters they are, I was really surprised to find such a mellow track like Eyes Wide Open.

    12月 8日 01:17 返信
  • MisterJunior

    Same here. It doesn't really expand Crimson's sound into any particularly new directions but it gives us 3.0 at the height of its powers making awesome harder-edged material. I love the hell out of "The Power to Believe II" in particular.

    12月 7日 14:18 返信
  • nicolasbj

    TPTB is underrated. I love it

    12月 7日 10:44 返信
  • OcellatedGod

    Islands > Discipline > Red > Larks' Tongues > Itchycock > Starless&BB > Lizard > Poseidon > Thrak > TPTB > Construkction > ToaPP > Beat... something like that for now.

    12月 7日 07:49 返信
  • OcellatedGod

    Islands is probably my favorite KC album right now, I love the strings and the dark atmosphere of it. Also it reminds me of rainy NY where I bought the vinyl.

    12月 7日 06:08 返信
  • Dogger_Dog

    Wow, I don't think I could live any longer as a human being if I didn't have "Prelude Song of the Gulls" + "Islands" (title track). IMO, together they are Fripp's most beautiful creations.

    12月 5日 09:16 返信
  • 一言コメント全 4829 件