新しい音楽との出合い

Last.fm は、あなたの再生する音楽に基づいたカスタムおすすめ情報をお届けする音楽発見サービスです。

Last.fm マイ プロフィールをスタート ウィンドウを閉じる

King Crimson

ツアー中

写真

Red

再生/購入/シェア

タグ

みんなのタグ

もっとタグ

バイオ

キング・クリムゾン (King Crimson) は、
イギリスのプログレッシブ・ロック・バンド。

中心人物のロバート・フリップは
自身の音楽をプログレ扱いされることを嫌っている
(「『プログレッシブ・ロック』という名称は
キング・クリムゾンが活動を始めた時をさす際のみ妥当な呼称であり、
我々はすでにそこからさらに進化している」という考えのため)。

1968年末結成。
ロバート・フリップをリーダーとしてアルバム『クリムゾン・キングの宮殿』で1969年にデビュー。
以降、フリップはバンドのメンバーを次々に替えていった。
日本では俗に「クリムゾン」、あるいは「キン・クリ」と呼ばれることも多いが、
本国ファンにはCrimsoクリムソと呼ばれていた。
現在もなお、日本やイギリスをはじめ、
ドイツイタリアなどの一部ヨーロッパ諸国のプログレッシブ・ロックのファンの間では、
カリスマ性を伴った人気を誇っている。

ファースト・アルバム『クリムゾン・キングの宮殿』は、
当時からよく雑誌のレコード・レビューなどで、

「1969年に、ビートルズの『アビイ・ロード』を1位から転落させたアルバム」
といった内容で紹介されることが多かったが、
英国音楽誌DISC誌1969年11月8日号デヴィッド・シューズ氏の記事
「遂にデビューアルバムがアビーロードをトップから引きずり降ろした。」
を紹介したものと言われる。
そのことについては、
複数の日本の評論家が「デマとまではいえないが、ありえるとしたなら、
地方の、あるいは、マイナーなチャートではないのか」といった見解を共通して述べていた。
NMEでは5位が最高位。
このファースト・アルバム制作当初、
プロデュースしたトニー・クラークは自ら手掛ける
ムーディ・ブルース同様のサウンド作りを要求した為にバンドと決裂し、
スレッショルド・レーベルからのリリースは御破算となり、
バンドがセルフプロデュースしアイランドからのリリースとなった。

プログレ・バンドと呼ばれた多くのバンドがコマーシャルな方向性を打ち出す中、
時代に流されること無く文字通り先進的(=progressive)であり続け、
独自の音楽性を追究し続けてきたバンドの姿勢は、
プログレッシブ・ロックという特殊な音楽ジャンルの中においてさえも孤高の存在と言える。

ディスコグラフィー

1969 クリムゾン・キングの宮殿 In The Court Of The Crimson King
1970 ポセイドンのめざめ In The Wake Of Poseidon
1970 リザード Lizard (イエスのジョン・アンダーソンがゲスト参加)
1971 アイランド Islands
1972 アースバウンド Earthbound (1971年『アイランド』発表時のメンバーによるライヴ録音)
1973 太陽と戦慄 Larks’ Tongues In Aspic
1974 暗黒の世界 Starless And Bible Black (当時のライヴ音源とスタジオ録音の混合)
1974 レッド Red (1曲ライヴ音源)
1975 USA USA (1974年『暗黒の世界』発表時のメンバーによるライヴ録音。一部オーバーダビングあり)
1981 ディシプリン Discipline
1982 ビート Beat
1984 スリー・オブ・ア・パーフェクト・ペア Three Of A Perfect Pair

ベストアルバム

イベント

イベントを追加

再生トレンド

455,557リスナー合計
21,502,894Scrobble 合計
最近のリスナートレンド:

Scrobble をスタートして再生履歴を追跡

Last.fm ユーザーは iTunes、Spotify、Rdio その他 200 以上の音楽プレイヤーで音楽を Scrobble

Last.fm プロフィールを作成

一言ボックス

コメントを残す Last.fm にログインするか今すぐ登録
  • MisterJunior

    I agree with you about live vs. studio. I think that applies pretty well to King Crimson in general. The live album s are evidence of that. And fortunately for us, every iteration of the band has been documented with a terrific live album. Lately I've really been liking Heavy ConstruKction

    07月 27日 12:05 返信
  • MisterJunior

    @Wotsthedeal I think it's something to do with there not being all that much in the way of adequately recorded, as-yet-unreleased live material from the 80s lineup, plus that configuration's lack of improvisational playing relative to other eras of KC, that is the reason for the lack of any boxes relating to the three 80s albums. I believe -- and this is just my own speculation, mind you -- this THRAK box will be the last of these big box sets that they do for any of their albums/lineups, because the double trio was such a unique concept in Crimson's history, they were keen on improvising and there's quite a lot of well recorded material from which they can draw for such a release. They still need to issue the "40th Anniversary Editions" of Beat and Three of a Perfect Pair, though (and ConstruKction of Light and Power to Believe).

    07月 27日 11:55 返信
  • dr_bun

    Red really is one of the greatest albums of all time

    07月 27日 09:25 返信
  • Wotsthedeal

    To me, the double trio has always sounded better live than in studio, VROOM VROOM is a great example why. I find it a bit odd that they skipped through their 80s albums and went straight to THRAK with these box releases. Unless there was one that passed me by.

    07月 25日 12:05 返信
  • MisterJunior

    Just noticed: "Classic rock?" Interesting tag for King Crimson.

    07月 23日 04:35 返信
  • MisterJunior

    @Wotsthedeal it's one of my favorite eras of the band. I try not to lament the passing of each iteration of Crimson because it seems like every direction Fripp has taken them in following a break-up has been interesting and worthwhile, but I feel like there was a lot more that needed to be said by the "double trio." I love the recordings that are available from that lineup, including the "VROOOM Sessions" King Crimson Collector's Club release. VROOOM VROOOM is a great live album from the double trio, too. The box has been mentioned a few times on the DGM site so it's definitely a reality, but the contents of it are a mystery. I would say the only things that are certainties to be included are a new stereo mix either by Wilson or Jakko and a 5.1 mix by Wilson. I know some people think The Road to Red, Starless, etc., were overkill but I'm such a fanatic I'd welcome similar boxes for ALL their albums. Beatbox? Yes please! :)

    07月 21日 03:59 返信
  • Wotsthedeal

    @MisterJunior I haven't heard anything about a THRAK boxset, but I'd love to see it happen. The live performances from that era are amazing. And it's pretty cool to see a big boxset from a time other than the 73-74 trio. I'd be more than happy if most of the material sounded nearly as good as the Heavy ConstruKction album

    07月 20日 15:16 返信
  • Wotsthedeal

    A hero is among us! Hope this stops it all.

    07月 20日 15:03 返信
  • W-90

    "this album covers copyright thing should be mentioned first thing in the band's wiki so no one asks about it in the shoutbox again." - Done.

    07月 19日 07:53 返信
  • MisterJunior

    https://rateyourmusic.com/list/HoustonMcGrit/king_crimsons_studio_albums__ranked/ Here's a ranking I did of King Crimson's studio albums over on RYM if anyone's interested.

    07月 18日 10:34 返信
  • MisterJunior

    So... anyone have any dirt on THRAKBOX(X) to share with the rest of us? Back in January or February there were rumblings that it was coming in "late 2015" but details have been pretty scant since then. I would say that a Road to Red-style box highlighting the THRAK/double trio era/material has the potential to be the best thing King Crimson has ever released. Wilson giving a new stereo mix of the record, a 5.1 mix and whatever live material can be found from the lineup cleaned up and presented in pristine sound would just about make me cream myself. The question is how much double trio live stuff is out there; I've always been under the impression there's nowhere near as much as there is of the '72-'74 group.

    07月 15日 06:51 返信
  • Dogger_Dog

    It happened in early 2011. Plenty of discussion on it back then.

    06月 27日 22:13 返信
  • tcbp

    no pictures, but last.fm radio plays their songs. Strange

    06月 24日 02:16 返信
  • MisterJunior

    Leaded or unleaded.

    06月 21日 02:47 返信
  • microtesla

    Cash or credit.

    06月 19日 12:34 返信
  • MisterJunior

    Paper or plastic.

    06月 17日 03:17 返信
  • thrillseeker01

    Elitism or stupidity.

    06月 16日 17:19 返信
  • Wotsthedeal

    new music? Oh boy..

    06月 16日 02:13 返信
  • MisterJunior

    According to the DGM site, KC has a few new songs in the can and they're planning a new album. I hope that the people on here who are so hung up on the missing artwork will be able to enjoy the new album despite the absence of a thumbnail of its cover on last.fm.

    06月 15日 07:33 返信
  • Wotsthedeal

    music is overrated

    06月 14日 16:39 返信
  • 一言コメント全 4957 件