新しい音楽との出合い

Last.fm は、あなたの再生する音楽に基づいたカスタムおすすめ情報をお届けする音楽発見サービスです。

Last.fm マイ プロフィールをスタート ウィンドウを閉じる

Jethro Tull

ツアー中

写真

TullPNG
  • 22,657,561
    Scrobble
  • 922,604
    リスナー

タグ

みんなのタグ

もっとタグ

バイオ

ジェスロ・タル(Jethro Tull) は、イギリス出身のプログレッシブ・ロック・バンド。イアン・アンダーソンをリーダーとして、1968年にアルバム『日曜日の印象』でデビュー。このアルバムは、全英10位にチャートインし、その年の「メロディ・メーカー」誌の人気投票で、ビートルズに次ぐ第2位を獲得し注目される。デビュー当初から独自の存在感を放っていた。

結成当時のラインナップは、イアン・アンダーソン(ヴォーカル、フルート、etc.)、ミック・エイブラハムズ(ギター、ヴォーカル)、グレン・コーニック(ベース)、クライヴ・バンカー(ドラムス)の4人。結成当時はイアン・アンダーソンと並び、ミック・エイブラハムズの影響力も大きく、ブルース・ロックの範疇に収まらないジャズ感覚を持ったハードなサウンドは、他のブルース・ロック・バンドとは一線を画するものであった。

デビュー・アルバム『日曜日の印象』リリース直後に、ミック・エイブラハムズが脱退するが、ローリング・ストーンズが製作したTVショー「ロックン・ロール・サーカス」への出演が決まっていたため、ブラック・サバスのギタリスト、トニー・アイオミを引き抜き、「ロックン・ロール・サーカス」の収録を乗り切るものの、この仕事のみでトニー・アイオミは脱退しブラック・サバスに復帰することとなり、最終的にはゲッセマネというバンドのギタリストであったマーティン・バレを加入させ、セカンド・アルバム『スタンド・アップ』をリリースする。ブルース以外にも音楽性を大きく拡大させたこのアルバムは全英第1位となる。中でもインスト曲「ブーレ」は注目を集めた。

続く『ベネフィット』はアメリカでも11位とヒットを記録し、さらに脚光を浴びた。この時期、同じクリサリス・レーベルに所属するバンドだったトラフィック、テン・イヤーズ・アフター、プロコル・ハルムなどと共にブリティッシュ・ロックの世界的な位置づけを確定させた。その後も『アクアラング』(1971年)、『ジェラルドの汚れなき世界』(1972年)、『パッション・プレイ』(1973年)などヒット作を連発した(後2作は全米1位獲得)。グループの結束力は強かったが、結成10年を経過する頃からメンバーが流動化した。

ローランド・カークに影響を受けたイアン・アンダーソンのフルートを中心にパントマイム劇を取り入れたライヴも好評だった。幻想的なサウンドや複雑なコンセプトを持ったアルバム作りなどから、プログレッシブ・ロックのジャンルに括られることが多い。しかし、1987年に発表したアルバム『クレスト・オブ・ア・ネイヴ』が、その年に新設されたグラミー賞ベスト・ハードロック/ヘヴィメタル部門を受賞し、物議を醸した。ただし、アイアン・メイデン(メンバーのスティーヴ・ハリスはジェスロ・タルからの影響を認めている)を始めとする多くのハードロック・バンドたちに影響を与えていることも事実である。

日本では(英米でのチャート実績の割に)一般的な知名度こそ低いものの熱烈なファンも少なくなく、2005年までに4回の来日を果たしている。

動画

ベストアルバム

イベント

イベントを追加

再生トレンド

922,604リスナー合計
22,657,561Scrobble 合計
最近のリスナートレンド:

Scrobble をスタートして再生履歴を追跡

Last.fm ユーザーは iTunes、Spotify、Rdio その他 200 以上の音楽プレイヤーで音楽を Scrobble

Last.fm プロフィールを作成

一言ボックス

コメントを残す Last.fm にログインするか今すぐ登録

再生中

ベスト・リスナー

メールマガジン

Universal Music Group Jethro Tull で Universal Music の特別ツアー情報、リリース&プロモーション最新情報をゲット。