新しい音楽との出合い

Last.fm は、あなたの再生する音楽に基づいたカスタムおすすめ情報をお届けする音楽発見サービスです。

Last.fm マイ プロフィールをスタート ウィンドウを閉じる

Jethro Tull

タグ

みんなのタグ

もっとタグ

バイオ

ジェスロ・タル(Jethro Tull) は、イギリス出身のプログレッシブ・ロック・バンド。イアン・アンダーソンをリーダーとして、1968年にアルバム『日曜日の印象』でデビュー。このアルバムは、全英10位にチャートインし、その年の「メロディ・メーカー」誌の人気投票で、ビートルズに次ぐ第2位を獲得し注目される。デビュー当初から独自の存在感を放っていた。

結成当時のラインナップは、イアン・アンダーソン(ヴォーカル、フルート、etc.)、ミック・エイブラハムズ(ギター、ヴォーカル)、グレン・コーニック(ベース)、クライヴ・バンカー(ドラムス)の4人。結成当時はイアン・アンダーソンと並び、ミック・エイブラハムズの影響力も大きく、ブルース・ロックの範疇に収まらないジャズ感覚を持ったハードなサウンドは、他のブルース・ロック・バンドとは一線を画するものであった。

デビュー・アルバム『日曜日の印象』リリース直後に、ミック・エイブラハムズが脱退するが、ローリング・ストーンズが製作したTVショー「ロックン・ロール・サーカス」への出演が決まっていたため、ブラック・サバスのギタリスト、トニー・アイオミを引き抜き、「ロックン・ロール・サーカス」の収録を乗り切るものの、この仕事のみでトニー・アイオミは脱退しブラック・サバスに復帰することとなり、最終的にはゲッセマネというバンドのギタリストであったマーティン・バレを加入させ、セカンド・アルバム『スタンド・アップ』をリリースする。ブルース以外にも音楽性を大きく拡大させたこのアルバムは全英第1位となる。中でもインスト曲「ブーレ」は注目を集めた。

続く『ベネフィット』はアメリカでも11位とヒットを記録し、さらに脚光を浴びた。この時期、同じクリサリス・レーベルに所属するバンドだったトラフィック、テン・イヤーズ・アフター、プロコル・ハルムなどと共にブリティッシュ・ロックの世界的な位置づけを確定させた。その後も『アクアラング』(1971年)、『ジェラルドの汚れなき世界』(1972年)、『パッション・プレイ』(1973年)などヒット作を連発した(後2作は全米1位獲得)。グループの結束力は強かったが、結成10年を経過する頃からメンバーが流動化した。

ローランド・カークに影響を受けたイアン・アンダーソンのフルートを中心にパントマイム劇を取り入れたライヴも好評だった。幻想的なサウンドや複雑なコンセプトを持ったアルバム作りなどから、プログレッシブ・ロックのジャンルに括られることが多い。しかし、1987年に発表したアルバム『クレスト・オブ・ア・ネイヴ』が、その年に新設されたグラミー賞ベスト・ハードロック/ヘヴィメタル部門を受賞し、物議を醸した。ただし、アイアン・メイデン(メンバーのスティーヴ・ハリスはジェスロ・タルからの影響を認めている)を始めとする多くのハードロック・バンドたちに影響を与えていることも事実である。

日本では(英米でのチャート実績の割に)一般的な知名度こそ低いものの熱烈なファンも少なくなく、2005年までに4回の来日を果たしている。

動画

ベストアルバム

イベント

イベントを追加

再生トレンド

935,361リスナー合計
23,245,558Scrobble 合計
最近のリスナートレンド:

Scrobble をスタートして再生履歴を追跡

Last.fm ユーザーは iTunes、Spotify、Rdio その他 200 以上の音楽プレイヤーで音楽を Scrobble

Last.fm プロフィールを作成

一言ボックス

コメントを残す Last.fm にログインするか今すぐ登録
  • alex_domovoi

    ВЕЛИКОЛЕПНАЯ И СОВЕРШЕННО УНИКАЛЬНАЯ ГРУППА. ОДНА ИЗ ЛУЧШИХ В МИРОВОМ РОКЕ.

    08月 9日 16:18 返信
  • jour-ney

    какая же классная песня we used to know...

    08月 4日 05:29 返信
  • OcellatedGod

    I second the Benefit and Minstrel in the Gallery (my favorite Tull album) recommendations, Stand Up and Heavy Horses are also essential and thoroughly excellent.

    07月 29日 10:02 返信
  • Angel_Blue-

    one of the best bands ever

    07月 24日 20:08 返信
  • Gastjale

    Lesser known Tull tunes? Well, I'm an album person myself, but if I had to recommend some individual songs, I'd say "Broadford Bazaar", "Dark Ages", "A Small Cigar", "For Michael Collins, Jeffrey and Me", "Sealion" and "Pan Dance" for starters. I admit that it's easier to point out lesser known albums than songs, but I don't think any of the songs mentioned above are that well-known. Also, if you appreciate the 80s synth pop sound, I'd suggest you to check out "Drive On the Young Side of Life" and "Pussy Willow". And now that we're approaching the latter days of Tull, why not give "Wounded, Old and Treacherous" a try?

    07月 24日 19:52 返信
  • Athena920

    I'm not a gentleman but Benefit and Minstrel in the Gallery are fantastic albums as well. Can't go wrong with anything on either album, really.

    07月 19日 00:54 返信
  • niQboy

    g'day gentlemen of Tull shoutbox, would you care to recommend some lesser known Tull tunes? I've only been listening to Aqualung, Thick As A Brick and the Best Of compilation so far.

    07月 18日 07:20 返信
  • JackAnderson94

    Used to hear so much Thick As A Brick that I still remember clearly every single passage even after years.

    07月 3日 08:39 返信
  • OcellatedGod

    Heavy Horses was my favorite Tull album by far when I was 14-15. It's not anymore, but it's still a personal favorite:)

    05月 14日 07:06 返信
  • Ranunculus

    I used to listen to this band a lot when I was young and they packed me off to school and they taught me how... Dammit, what a catchy tune.

    04月 21日 22:51 返信
  • BostonBruin

    my bass cover of cross-eyed mary https://www.youtube.com/watch?v=N4D4x5gvpiM&feature=player_detailpage

    04月 2日 00:40 返信
  • TheUselessGolem

    Hah, I just came on here to rave about Heavy Horses. I grew up on Aqualung and other than that have only heard Songs from the Wood, but Heavy Horses is definitely my favorite yet.

    03月 31日 23:20 返信
  • Gastjale

    There are hardly enough words to describe the sheer pastoral beauty of Heavy Horses. Anderson conveyed his experiences and perceptions of country life in such a heart-warming, genuine and lively way that you can actually feel his thoughts. On this album, he decided to let his sneer drop for a moment, and created a truly personal and thought-provoking album. That isn't to undermine any of their other works, however - by NO bloody means! I'm simply pointing out the fortes of this unique filly of the royal stable of Jethro Tull.

    03月 24日 06:55 返信
  • woodstock135

    For me, Benefit is their best!

    03月 16日 13:01 返信
  • dr_bun

    thick as a brick kicks ass

    03月 7日 22:50 返信
  • ProgressiveDoom

    Everybody likes a bit of Jethro Tull ;) In my world at least!

    02月 23日 20:46 返信
  • bloody72

    pozdrowienia ze Śląska dla fanów Jethro Tull

    02月 20日 00:23 返信
  • ProgShine

    News: Ian Anderson New Album Homo Erraticus To Be Released On April: http://www.progshine.net/2014/02/news-ian-anderson-new-album-homo.html

    02月 15日 01:48 返信
  • HaHaHaYoureDead

    первые альбомы были по-настоящему новаторскими и интересными, очень красивая музыка

    02月 1日 21:33 返信
  • AliceInChains15

    Truly one of the few bands that my schizophrenic taste in music will allow me to continually return to. The joy I get from listening to a Jethro Tull album simply cannot be replicated through any other means.

    01月 20日 20:52 返信
  • 一言コメント全 1554 件

再生中

ベスト・リスナー