新しい音楽との出合い

Last.fm は、あなたの再生する音楽に基づいたカスタムおすすめ情報をお届けする音楽発見サービスです。

Last.fm マイ プロフィールをスタート ウィンドウを閉じる

Erik Satie

写真

Erik Satie
  • 12,038,113
    Scrobble
  • 601,844
    リスナー

タグ

みんなのタグ

もっとタグ

バイオ

エリック・アルフレッド・レスリ・サティ(Eric Alfred Leslie Satie、1866年5月17日 - 1925年7月1日)は、フランスの作曲家。

「音楽界の異端児」、「音楽界の変わり者」などと称され、西洋音楽に大きな影響を与えたとみなされている。ドビュッシーもラヴェルも、その多くの作曲技法はサティによって決定づけられたものだと公言しており、印象主義の作曲家たちにも影響を与えた。

パリ音楽院在学中にピアノ小品『オジーヴ』『ジムノペディ』『グノシエンヌ』などを発表。カフェ・コンセール『黒猫』に集う芸術家の1人となり、コクトーやピカソと交流。バレエ・リュスのために『パラード』を作曲。またカフェ・コンセールのためのいくつかの声楽曲を書く。今日よく知られている『ジュ・トゥ・ヴー』はこの時の曲。薔薇十字教団と関係し、いくつかの小品を書く。同一音形を繰り返す手法を用いた『ヴェクサシオン』『家具の音楽』なども書いた。

なお『家具の音楽』というのは彼が自分の作品全体の傾向を称してもそう呼んだとされ、主として酒場で演奏活動をしていた彼にとって客の邪魔にならない演奏、家具のように存在している音楽というのは重要な要素であった。そのことから彼は現在のイージーリスニングのルーツのような存在であるともいえる。

また、『官僚的なソナチネ』『犬のためのぶよぶよとした前奏曲』『冷たい小品』『梨の形をした3つの小品』『胎児の干物』『裸の子供たち』といったように、作品に奇妙な題名をつけたことでも知られている。

フランス社会党及びフランス共産党にも党籍を置いていた(当初は社会党に入党していたが、共産党結党と同時に移籍)。

ドビュッシーとの交友関係もよく知られている。

動画

ベストアルバム

再生トレンド

601,844リスナー合計
12,038,113Scrobble 合計
最近のリスナートレンド:

Scrobble をスタートして再生履歴を追跡

Last.fm ユーザーは iTunes、Spotify、Rdio その他 200 以上の音楽プレイヤーで音楽を Scrobble

Last.fm プロフィールを作成

一言ボックス

コメントを残す Last.fm にログインするか今すぐ登録
  • poppytears

    Nice glasses dork [2]

    昨日 06:13am 返信
  • Lidanya

    it's so calm [2]

    07月 19日 14:57 返信
  • OG-Gurda

    damn sick ..

    07月 8日 13:14 返信
  • rudmila83

    Wspaniałe :) I nie trudne do grania :)

    07月 8日 03:31 返信
  • hearing_damage

    "it wasn't funny the first time, it won't be funny the 10th. Stop it, brazilians", in fact, this is not funny anywhere, not only in Brazil. All these non-brazilians saying "come to brazil" are equally stupid. [2]

    07月 6日 21:52 返信
  • Analala69

    Please come to Brazil. [15] huehuehue

    06月 7日 22:47 返信
  • DemonaDeLonge

    i'm in love with this man!

    06月 7日 04:04 返信
  • account_4

    перспективный мужик

    06月 7日 02:51 返信
  • Bhrescya_Ayres

    Please come to Brazil. [14]

    05月 15日 21:34 返信
  • gabreur

    come to brazil. Gymnopédie No. 3 > Gymnopédie No. 1 & 2.

    05月 14日 11:36 返信
  • akolesnikoff

    фантастика

    04月 9日 05:45 返信
  • espoiraout

    Which recording of Socrates is the best? I've yet to hear the piece and I wouldn't want my opinion of it to be tainted by a bad recording.

    03月 31日 20:00 返信
  • OG-Gurda

    God!

    03月 24日 11:43 返信
  • blacklemon67

    come to brazil

    03月 16日 04:37 返信
  • markbjb1972

    Please come to Brazil. [13] Then tell us what it is like coming back from the dead.

    03月 13日 05:15 返信
  • Snarf_PS

    it's so calm

    03月 1日 14:30 返信
  • HaHaHaYoureDead

    а вот и настоящий гений, как же глубоко он знал музыку. его использование мелодий Сен-Санса как попытка построить жилой дом блоками готического собора: готичность есть, а устремленности ввысь нет.

    01月 29日 19:37 返信
  • newton_san

    Please come to Brazil. [11]

    01月 24日 03:55 返信
  • andreluisfonk

    Please come to Brazil. [10] huehuehue

    01月 18日 14:09 返信
  • protonemata

    Just finished watching The Disappearance Of Haruhi Suzumiya and quite surprised that Gymnopédie 1-3 used as score for the anime. The music fits really well with the scenes. Very nice!!

    01月 11日 03:51 返信
  • 一言コメント全 1001 件

再生中

ベスト・リスナー

メールマガジン

Universal Music Group Erik Satie で Universal Music の特別ツアー情報、リリース&プロモーション最新情報をゲット。